アメリカに留学するときに知っておくこと

留学先として人気のあるアメリカでは世界でも通用する標準的な英語を学ぶことのできる国であり、語学学習に適しています。

それ以外にも様々な分野で教育を受けられるのが特徴です。ただし、学習スタイルが日本とは大きく異なっているので、それを理解していないと有効に活用できないことに注意が必要です。日本では教員の説明を聞いてメモをする詰め込み型が主体ですが、アメリカ留学ではディスカッション方式になります。そのため、自分の意見をしっかりと発言できる人には適した環境ですが、引っ込み思案の人は苦労します。

気候に関しては国土が広く地域で異なるため、滞在先の情報を事前に調べて準備しておくと良いでしょう。法律なども州によって差があるので注意します。例えば自動車を運転する際に、国際運転免許証で許可される地域と現地で取得しなければならない地域があります。アメリカの留学中にお金に余裕を持ちたい、現地の人とコミュニケーションを取ることで学習したいなどの理由でアルバイトをしたいと考える場合がありますが、これは厳禁です。

学生ビザでの就労は禁じられていますのでアルバイトをすれば違法になり、発覚すれば入国禁止や強制送還の措置が取られます。日本と比べて治安が良いとは言えないことも意識が必要です。常に危険であるということではありませんが、銃社会ですので不用意に1人で夜に出歩く、治安が悪いと言われる場所に近付くなどは避けた方が良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *