アメリカ留学に必要な3種類のビザを紹介

アメリカに長期留学する場合には学生ビザが必要となります。

その種類は2種類あり、どちらか片方を申請しなくてはいけません。また3ヶ月以内の短期留学の場合は、ESTAというシステムでオンライン申請すれば渡米が可能になります。ただ短期留学でも週に18時間以上のフルタイムで授業を受ける場合は学生ビザを取得して下さい。まず最初に説明するのは最も一般的なF-1で、アメリカで語学学校に通う人や大学、大学院に通う場合に申請が必要となります。F-1は条件付きですがアルバイトも可能です。

フルタイムの学生として学校に1年以上在籍するのなら校内で週に20時間まで働くことが出来ます。M-1で、こちらはダンスやデザイン、美容といった語学目的以外で職業の為の専門知識を学ぶ為のビザと言えます。基本的に申請方法、条件などはF-1と同じなのですが、通うことが出来る学校の種類が違うので、きちんと調べた上で申請をするようにして下さい。

あとESTAとは電子渡航認証システムのことで、日本はビザ免除プログラム参加国なので90日以内の滞在ならビザを取得せずに入国が出来ます。一度認証されれば、2年以内なら何度でも渡航することが可能で、オンライン上で申請できるのが魅力です。この3種類がアメリカ留学の際に必要となるビザで、ESTAについてはオンライン申請が可能なので、申し込みフォームから簡単に手続きを行えます。それに対して2種類の学生ビザは取得までに手続きが大変なので、早めに準備することをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *