アメリカ留学の学校の運営形態は2つあります

留学先を選ぶにあたり、アメリカを選ぶ人は非常に多く見られます。

しかし一言でアメリカといっても様々な地域があり、人により自分に合う学校や地域、特徴などが異なります。そのためアメリカ留学を失敗しないためにも、学校の選び方には慎重になる必要があるでしょう。アメリカの学校の運営形態としては、大きく2つに分かれます。一つ目が私立の語学学校で、これは民間が運営しているものです。大学キャンパスを間借りしているキャンパス型と呼ばれるものと、ダウンタウンで独自の校舎を持っている都市型の二つがあります。カリキュラムは比較的柔軟で、1週間や2週間のコースも存在しています。もう一つが大学の付属の学校です。

文法やライティング、スピーキングやリスニングなどの総合的な英語学習が目的とされています。上のクラスになると大学の講義を聴いたり、単位を取得できるケースもあるでしょう。大学の付属の学校の場合には、大学に進学するための英語能力を向上させることが目的で、ハイレベルになると講義にでることも可能です。一方で私立の語学学校の場合には、旅行のための英語力を身につけたい、TOEICの集中講義を受けたいなどのように、自分で目的が決まっている場合にはぴったりです。

語学学校の規模は、学生が数十人人しかいない小規模なところから、100人以上の大規模なところまで数多く見られます。また授業時間数やレッスン内容も学校により異なるので、それぞれのコースを比較すると良いでしょう。一番の兼ね合いは予算です。アメリカの留学費用は選ぶ学校やコースなどにより大幅に変わります。留学期間や滞在費、生活費や交際費などの費用を合計して比較するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *