留学で経験するインターシップ

日本と比較して海外でのインターンシップは非常に活発に行われており、日本とは違い大学生が一斉に就職活動をするという文化はあまり海外ではありません。

そのため、多くの企業がインターンシップの制度を導入しており、学生にとっては企業で実際に働く事が出来る経験を得るいい機会となります。日本人でも是非海外へ留学した際に少しでも海外の企業文化に触れたり、より語学を習得できる環境へ身を置きたいと感じる人は是非一度インターンシップを経験してみてはいかがでしょうか。

インターンシップには大きく分けて二つの方法があり、一つは無給で企業のサポートをし企業での仕事を学ぶ方法です。もう一つは有給で仕事を行いながら企業をサポートする方法です。無給でインターンシップを行っても、将来の就職活動の際には一つの経験として記載が出来たり、プログラムによってはインターンシップを経験した証を受け取る事が出来るケースもあります。そのため、無給だからと意味が無いというわけではありません。

各企業の考え方によって変わってきますので、無給でも経験をしたい人にはお勧めです。しかし留学をしている日本人にとっては、語学の面でなかなか受け入れてもらえないケースがあります。多くの企業では最低限の流暢な英語を必要とされるため、出来るだけ高い語学力を持っておく事をお勧めします。この様に留学中に起業のインターンシップを経験する事で、さらに将来のキャリアに繋がる可能性を秘めていますので、是非一度検討してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *