留学をする時のために

留学する際に役立つのは、すでに留学に行った人の体験談を聞くことです。

その国に行って困ってしまったことや、勉強しておけば良かったというような反省点など、実際に体験した人に話を聞けば、あらかじめ対策をたてることが出来ます。また「ここには行ってみた方がいい」といったおすすめスポットや美味しいもののお店なども聞いておくと良いでしょう。

言語の勉強も重要なのですが、向こうで困ることのひとつには文化の違いによることもあるので、できる手段は有効に活用して、対策をたてて行った方が無難です。それでも向こうでハプニングは起こると思いますが、さすがに予備知識なしで行くのは危険なので、留学体験者の話は積極的に聞くことをおすすめします。また、向こうで言葉の壁に当たってしまった時に、諦めて人と話すことを止めて留学を終えてしまうと非常にもったいないです。

不安だとは思いますが、言葉がすべて分からなかったとしても、簡単な言葉をうまく組み合わせて説明したり、ジェスチャーで表現して分かり合ったりすることもできます。絵が描ける人はイラストを使って説明するのも良いでしょう。日本の英語の授業で文法をきっちり教わると思いますが、留学先でまできっちり文法を駆使して話そうとするのは時間がかかって相手もイライラしてしまう可能性があるので、まずは雰囲気で伝えてみるのが重要です。こちらがゆっくり話すのを、相手がゆっくりと待って聞いてくれるとは限りません。自分が一番うまくやれそうな方法を考えておくのも重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *