どれぐらいの期間留学すれば良いのか

留学する時の期間は長い方が好ましいです。

長期間外国に滞在すると、その国の言葉に上達します。大学に入れたら、滞在の期間は長くなるので、言葉の上達が確実になります。しかし、いろいろな理由により短期間しか留学できない場合もあるでしょう。そんな時は3ヶ月程度の留学を目指しましょう。3ヶ月現地に滞在すれば、基本的な言葉の力を身に付けられることが多いです。

日本以外の国で生活することがメリットになるのです。日本で暮らしていたら、どうしても日本語に頼ってしまいます。しかし、異国だったら、生活のあらゆる面でその国の言葉を使わなければなりません。例えば、レストランで食事を注文する時も、その国の言葉を使わないといけないので、語学の上達につながります。短期間留学する場合は、語学学校に通うのがお勧めです。

語学学校にはいろいろなコースがあります。その中で、初級者用のクラスに通うようにします。初級者のクラスだったら、先生がゆっくりとしてスピードで話してくれるので、先生の言葉を聞き取られないことはありません。経済的な余裕があったら、マンツーマンのクラスに通うのも良い方法です。

マンツーマンなので自分が言葉を話す時間も長くなって、スピーキングの能力が向上します。マンツーマンのクラスは授業料が高いですが、アジアのフィリピンのような国だったら、格安の値段で授業を受けられます。フィリピンは英語を話す人が多くて、英語の教育法も整備されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *