留学は社会人になってから

留学は一度、社会人になってから考えた方が良いです。

学生時代は専攻や仕事に関する知識をつけた方が良いです。また、社会人になりたての頃は業務知識や業務スキルの習得に励むべきです。これらのことに一区切りができ、社会人として一人前になれたら、英会話を習得すると良いです。また、社会人になっていれば、留学する資金を貯められるというメリットもあります。さらには、社会人としての経験があるので、留学後の転職にも困りません。

英会話もできる一人前の人は転職市場でとても人気があるからです。人生経験もあるし、自分で稼いでいるので、無駄な留学をせず、有意義に過ごせるのも良いところです。自分で費用を払うので、覚悟や真剣さが生まれるのも良いです。英会話力も数年間、日本で真剣に学んでいれば、留学するのに相応しいレベルになっていることが多いです。また、同年代の知人なども英会話力をつけはじめる時期なので、良い刺激が受けられるし、本気でやれる年代だと思われます。

帰国後は業務経験や業務知識に加えて、英会話力もウリになるので、外資系企業や貿易会社、国際協力機関、メーカーの海外支店などで働ける可能性が高まります。つまり、海外に居た経験を活かしやすいのです。せっかく勉強しても、役に立てられなかったら意味がありません。業務経験や業務知識や業務スキルのある人は帰国後の展望が明るいので、海外に行くことが無駄にはならないのです。だから、社会人として一人前の人には海外に行くことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *