語学留学する場合のマメ知識

語学留学するときは語学学校に入学しホームステイをしてその国の言葉に朝から晩までとにかくわからなくても使って過ごすことに限ります。

語学学校では始めにテストがありレベルに合わせたクラス分けをするので心配することはありません。気を付けることは日本の学校とは違って自分の感じたことや考えを発表することが多いので日本人は戸惑います。せっかく高いお金をかけて留学したのですから目的を忘れないように決心して、恥ずかしがらずに発表することが大切です。学校側は語学の上手下手は関係ありませんからとにかく話していくことです。

語学学校はいろいろな国から留学してきていて、苦しくなると同じ言葉が通じる人とついつい話してしまい仲良しグループになってしまいますが、そうなると留学の意味がなくなります。苦しくても前向きに会話をチャレンジしていると2週間ほどで慣れてきます。下手な会話でも外国の人たちはフレンドリーなので相手をしてくれます。

こちらから関わっていかないと向こうから気を使って話しかけてくることは少ないので、一人ぼっちになりたくなっかたら自分から行かねば遊びにも行けませんから日本とは感覚が違います。友達ができたら、週末のアクティビティにも積極的に参加すると楽しくなってくるでしょう。そうなれば電子辞書や携帯でわからない言葉をどんどん調べ語彙を増やします。3が月ほどたつと日常会話ができるようになっています。語学学校のクラスがえもありますから大切に受けます。授業料も高額ですから。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *