留学先できの的な英語を身につけよう

留学先では、機能的な英語を身につけてみましょう。

日本で話す英語と、留学をして現地で話す英語は、レベルがもはや違います。留学をしたら、現地の人間がシーンを進行する瞬間に、普通に使っているフレーズに耳を傾けてみましょう。外国人はネイチャーでやっていることですが、その感覚が日本にいた日本人の英語にはありません。普通に瞬間で使うフレーズを耳にしたら、そのままを自分でも真似して英語で話してみるのです。子供は親の真似をした話し方を覚えますし、話すときの特徴までも真似て大人になります。

海外へ放り出されたら、そこで現地の人間の話すのを聞いて、真似て覚えるのが英語の成長には大活躍します。日本語の場合だったら、ここで何かを話すべきではないかと感じたら、それは目の前の話し相手に、何を話したらいいかを聞きましょう。これを日常的に、自発的にすると英語は著しく上達をします。日本の狭い中にいると、出しゃばった行動のように思われて、鬱陶しく思われる行動ですが、海外では黙っていたほうが理解がされません。

海外では大人しいままで話をしないと、相手が察してくれるということはありません。日本人は細やかな心配りを、雰囲気や言葉で察知しますが、海外の人間にはそう言った繊細さはあまりなく、言葉の会話がないと理解ができないのです。現地の人間の些細な話し方のリアクションを真似しながら、ここでは何を言うべきか、気がついたときにはすぐに口に出して聞いて、自分でもどんどん会話をして、機能的な英語を上達させていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *